ハモ

  • 2018-08-15 (水) 9:39

昔から関西で人気の高い食材・ハモを紹介します。産卵に向けて栄養を蓄える夏と、産卵後に食欲が増す晩秋が旬です。
小骨が多いですが、料理の前に皮を残して細かく包丁を入れる「骨切り」で、天ぷらやかば焼き、汁物など料理の幅が広がり、一層おいしく食べられます。
骨切りされた切り身でも売られています。蒸し暑い夏はさっと湯通しし、氷水で締める”湯引き”がお薦めです。梅肉のたれにつけて食べると、さっぱりとした味わいながら濃厚なうまみが楽しめます。
骨ごと食べられるためカルシウムも豊富に取れます、疲労回復に効果のあるビタミンやミネラルがバランスよく含まれ、皮には美容効果が期待できるコラーゲン、コンドロイチンも多いです。この暑い夏は栄養豊富なハモを食べて乗り切りましょう。
(平成30年8月15日の南日本新聞に掲載)

鹿児島市魚類市場 主事 坂本 佳史


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ