キビナゴ

  • 2018-05-21 (月) 15:19

 今週は、美しい銀色の帯模様が特徴の鹿児島を代表する魚、キビナゴを紹介します。
 海の宝石とも言われるキビナゴの身はとても美しく、菊の花をかたどって盛り付ける「菊花造り」は郷土料理として広く親しまれています。本市場には、これから産卵期を迎える旬のキビナゴがほぼ毎日のように入荷しています。
 小さな身に旨味が凝縮した旬のキビナゴは、刺身以外にも、サクサクとした食感の天ぷら、表面に少し焦げ目が付く程度に火であぶった塩焼きなど、シンプルな料理でもそのおいしさを存分に味わえます。
 栄養面では、ドコサヘキサエン酸(DHA)の含有率が高く、エイコサペンタエン酸(EPA)やカルシウムも豊富で、生活習慣病予防などの効果が期待できます。産地でしか味わえない新鮮なキビナゴ料理で食卓を彩ってみてはいかがでしょうか。

(平成30年4月18日の南日本新聞に掲載)
 

鹿児島市魚類市場 主事 佐藤 二朗


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ