マアジ

  • 2018-05-21 (月) 15:17

 今週は青魚の代表格「マアジ」を紹介します。味が良いことから命名されたといわれ、刺し身や干物、南蛮漬け、フライなどさまざまな料理で食べることができる万能魚です。
アジ科は日本近海に50種類以上いるとされますが、漁獲されるのはほとんどがマアジ。出水の「黄金アジ」や阿久根の「華アジ」など、鹿児島のブランドアジもあります。
 エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などの不飽和脂肪酸が多く含まれ、コレステロールを下げ、動脈硬化の予防や脳の働きをよくする効果も期待されます。
 選ぶポイントは目が黒く澄み、腹に張りがあるものです。三枚におろして刺し身にし、残った骨は塩こしょうをし、フライパンでカリカリに焼いて骨せんべいにするのもお薦めです。おいしく食べられる旬のマアジをぜひ味わってください。
(平成30年4月11日の南日本新聞に掲載)

鹿児島市魚類市場 主任 横峯 宏明


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ