サヨリ

  • 2018-03-29 (木) 20:44

 今回は、春を告げる美しい魚「サヨリ」を紹介します。鋭い角のように細長い下あご、スリムでしなやかな魚体、銀色に輝く美しい姿から「海の麗人」とも呼ばれます。
 体長20cm以下のものは「エンピツ」と呼ばれ値段も手頃ですが、「カンヌキ」と呼ばれる大型のものはすし店や日本料理店などで扱われる高級魚です。
 香り高く上品な白身は、素材そのものの風味を楽しむ料理に適しており、刺し身、すし、天ぷらのネタとして人気があります。加熱すると銀色の皮目と真っ白な身がとても美しいため、その細長い身を真一文字に結び、吸い物の具として祝いの席に出されることもあります。
 低脂肪・高タンパク・低カロリーのヘルシー食材で、血行を良くする効果のあるナイアシン、魚には珍しくビタミンCを含みますので、美肌保持にもお薦めです。
(平成30年3月21日の南日本新聞に掲載)

鹿児島市魚類市場 主査 西郷 恵子


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ