マガキ

  • 2018-02-20 (火) 8:39

 今週は「マガキ」を紹介します。日本では、夏が旬の岩ガキと冬に旬を迎えるマガキの2種類が主に食べられています。1年に二つの旬の味を楽しめるのもカキの魅力の一つです。
 筋肉を動かすエネルギー源のグリコーゲンが蓄えられる1~2月がマガキの特においしい時季です。タンパク質やカルシウム、ビタミンをバランスよく豊富に含むことから”海のミルク”や”海の完全食品”とも呼ばれます。
 カキ小屋や海鮮居酒屋などでは、殻つきを豪快に網焼きにして、お酒と一緒に楽しむこともできます。家庭で調理する際のお薦めはカキフライです。むき身で販売されているので、油でしっかり揚げて、相性抜群のレモンやタルタルソースを存分にかけてお召し上がりください。
 海の恵みをたっぷり含んだ甘くてクリーミーなとろける食感のマガキをぜひご堪能ください。
(平成30年2月14日の南日本新聞に掲載)

鹿児島市魚類市場 主任 横峯 宏明


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ