アンコウ

  • 2018-01-18 (木) 12:53

 今週は珍味のアンコウを紹介します。背びれのとげが変化した棒のような突起が口の上にあり、魚をおびき寄せて捕食するため「釣りをする魚」ともいわれます。
 鍋物用に加工されたものが多く売られ、手軽な調理でほとんどの部位を捨てずに堪能できます。身が淡いピンク色で透明感のあるものを選ぶとよいでしょう。身はとても柔らかいので、肝とみそを溶いた鍋や昆布だしで作る塩味の鍋などで、プリプリした食感を楽しんでください。
 栄養面はタンパク質、ビタミンA、コラーゲンなどが豊富です。皮膚や粘膜の健康を保ち、免疫力の向上や老化防止、生活習慣病予防、美肌効果も期待できます。「海のフォアグラ」と呼ばれる濃厚な味わいの肝臓(あん肝)には、記憶力向上に効果があるドコサヘキサエン酸(DHA)が多く含まれるため、高齢者や受験生にもお薦めです。
(平成30年1月17日の南日本新聞に掲載)

鹿児島市魚類市場 主査 重久 治義

  • ???????
  • ???????
  • ????????????????????
  • ?????????????
  • ???????
  • ????????
  • ????????
  • ?????????????????????
  • ??????
  • ????????
  • ????

このページのトップへ