ハマダイ

  • 2017-11-17 (金) 17:37

 今週は、鮮やかな赤色とスマートな姿でひときわ目を引くハマダイを紹介します。
 本市場では”チビキ”と呼ばれており、屋久島や種子島、奄美大島の近海でとれたものが多く入荷しています。細長い尾びれが大変美しいことから、地域によっては”尾長(おなが)”と呼ばれています。味も申し分なく、マダイにも引けをとらない高級魚として流通しています。
 淡いピンクがかった美しい白身は、旬の寒い時季になるとさらにうま味と甘味が増して、刺し身やすしは特に絶品です。熱を通しても硬くならないため、鍋物や焼き魚、煮物、揚げ物、蒸し物など幅広い料理でおいしく食べることができます。
 冬の訪れを感じる季節です。店でハマダイを見かけたらぜひ買い求め、見栄えやうま味、甘味がそろった鍋物にするのはいかがでしょうか。
(平成29年11月15日の南日本新聞に掲載)

鹿児島市魚類市場 専門員 倉元 正行

  • ???????
  • ???????
  • ????????????????????
  • ?????????????
  • ???????
  • ????????
  • ????????
  • ?????????????????????
  • ??????
  • ????????
  • ????

このページのトップへ