イセエビ

  • 2015-08-26 (水) 8:30

 今週は、21日に漁の解禁を迎え、競り場に活気をもたらしている「伊勢エビ」を紹介します。名前の由来は、伊勢湾が主産地の一つであったことをはじめ、諸説あるようです。

 華やかで美しく、よろい武者のような立派な姿を持っているところから、古くから祝いの席で珍重され、肝付町の内之浦地区では縁起のいいカニという意味を持つ「えっがね」とも呼ばれています。

 代表的な料理は、プリプリした食感が楽しめる刺し身や、エビの「みそ」を溶き入れ、頭や殻からだしを取ったみそ汁などがありますが、伊勢エビを縦半分に切り、マヨネーズとエビのみそを絡めて焼く、マヨネーズ焼きも香ばしくてお薦めです。

 9月からは、肝付町の内之浦地区や阿久根で県内産伊勢エビのおいしさを十分堪能できる祭りが開催されます。この機会に足を運んでみてはいかかでしょうか。

 

鹿児島市魚類市場 主任 下舞 淳一

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ