ハガツオ

  • 2015-08-19 (水) 8:40

 今週は、これから秋にかけて旬を迎える「ハガツオ」を紹介します。

 カツオは腹側に縞模様があるのに対し、ハガツオは背中側に黒い縦縞があり容易に見分けられます。立派な鋭い歯を持つことから「歯鰹」と名付けられたようです。

 身質は上品で柔らかく、色はカツオのような鮮やかな赤身ではなく、淡いピンク色をしています。貧血予防に効果のあるビタミンB12や、血液をサラサラにする不飽和脂肪酸を多く含んでいます。

 調理方法は、煮つけ、唐揚げ、照り焼きなど様々ですが、鹿児島は全国でも有数のハガツオの産地で、新鮮なものがお店で手に入りやすいので、是非、刺し身か表面を炙ってたたきで食べていただくことをおススメします。程よく脂がのった、ほんのりとした甘さを味わうことができます。選ぶ際は、身に張りがあって、背中の縞模様がはっきりしているものを選ぶとよいでしょう。

 産地・鹿児島ならではの新鮮な「ハガツオ」を食べて、まだまだ続く暑い夏を乗切りましょう。

 

鹿児島市魚類市場 主任 栫 信行

 

hagatuo


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ