カサゴ

  • 2013-10-18 (金) 18:36

 今週は、標準和名をカサゴといい、南九州ではアラカブと呼ばれている磯魚を紹介します。

 カサゴの体色は、一般的に沿岸に棲息する個体は明るい赤色で、沖合に棲息する個体は黒っぽくなります。

 食性は非常に貪欲で、エビやカニ、小魚などを多く食しますので、子供の釣りには最適な魚。鹿児島市内の海づり公園ではカサゴを放流し、多くのちびっこ太公望たちを喜ばせているようです。

 一般的に大きめのカサゴは煮物、小さめは唐揚げですね。特に洋の東西を問わずカサゴの煮物は、いい出汁が出ると好まれています。

 カサゴの栄養で突出するのが、滋養強壮を高めるといわれるタウリンです。

 今年の夏は記録的な暑さで、まだ身体が本調子ではないという方は、是非美味しいカサゴの味噌汁を食べて、回復に努めましょう。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ