サンマ

  • 2013-09-12 (木) 15:20

 今週は、秋の風物詩「サンマ」を紹介します。「秋刀魚」と書くように鋭い刀を思わせるほど体形がスマートです。

 日本近海のサンマは、夏季はオホーツク海方面で回遊し、秋に産卵のため寒流にのって東北・関東沖を通過し九州沖まで南下します。漁場は主に東北・関東沖です。

 このサンマには、血流を良くするといわれるエイコサペンタエン酸が多く含まれ、脳梗塞、心筋梗塞などの病気を予防する効果や、ドコサヘキサエン酸も豊富に含まれることから、体内の悪玉コレステロール(LDH)を減らす作用や脳細胞を活性化させ頭の回転を良くする効果もあるとされます。

 食べ方の一つ「塩焼き」は日本の味覚の代表で、カボスなどのしぼり汁や醤油をかけ、大根おろしを添えて食べます。内臓(はらわた)は敬遠されがちですが、新鮮な生さんまなら、えぐみが無く好んで食べる方も多いです。

 焼き方は、炭火で焼くのが理想です。うま味を逃さないために、まるごと振り塩をして焼き、煙を身に絡ませるようあおぐことで香りがつき、おいしく焼けます。

 鹿児島はまだ残暑が厳しいですが、店頭に並んだ「サンマ」を選んで、一足早い「秋」を感じてみませんか。

 

鹿児島市魚類市場 主査 折田兼昭

 

サンマ①


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ