イセエビ

  • 2013-08-29 (木) 15:40

今週は、8月21日に漁の解禁を迎え、市場に入荷し始めた鎧武者のような立派な姿の「イセエビ」を紹介します。古くから祝いの席で珍重され、鹿児島の方言でも「エッガネ」と呼ばれ、縁起のいいカニという意味があるそうです。

イセエビの子どもは、約1年もの間、黒潮の流域をただよい、接岸して岩場の海底で生活を始めます。せっかく沿岸にたどり着いても、そこが砂浜や泥の海底だと生きていけません。このような試練を乗り越えた精鋭たちだけが、私たちの食卓に上がるのです。

イセエビは傷みが早いので、なるべく早く料理したほうがよいでしょう。イセエビ本来の味や食感、見栄えを楽しむのであれば、姿盛りがよいですが、みそ焼きやマヨネーズソースをかけた料理などもおいしいです。またみそ汁も絶品です。

高価な食材ですが、敬老の日などに、海の恵みと長寿に感謝して、ご家庭でイセエビ料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

鹿児島市魚類市場 主査 榊 正

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ