ムツ

  • 2012-10-17 (水) 10:37

 今週は褐色の体に大きな目と口、鋭い歯が特徴のムツをご紹介します。ムツは、いかつい見た目に似合わずおいしい魚です。通常、成魚になると200m以深の深海域に生息していますが、冬の繁殖期になると浅場へ移ってきます。この時期のムツは「寒ムツ」と呼ばれ脂がのり、いっそうおいしくなります。

 選ぶポイントは、目が青く澄んでいることと体に張りとツヤがあることです。ムツは成長すると150cm にもなる魚ですので、切り身で売っていることも多くみられますので、身が締まっていて、血合いが濁っていないものを選んでください。

 代表的な食べ方は、お鍋や煮物です。脂がのった身は、柔らかく、お子様でも喜んで食べられると思います。刺身で食べる場合には皮を霜降りにすることをお勧めします。コリッとした食感と皮と身の間の旨みものがさず楽しむことができます。また、くせがないので、塩焼き、フライ、ムニエルなどいろいろな料理に合います。

 これから、ますます脂がのっておいしさが増していくムツを様々な調理法で楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

鹿児島市魚類市場主事 坂元 秀行

 

ムツ


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ