サンマ

  • 2012-09-26 (水) 10:38

 今週は、漢字で「秋刀魚」の字が当てられる秋を告げる大衆魚サンマを紹介します。サンマは、季節によって大きな回遊をする魚で、夏場は、オホーツク海付近まで北上し、冬には九州付近の海域にやってきます。旬は、脂質を適度に含む秋で、この時期のサンマは最も美味しく、また、たくさん獲れてお手頃な値段になりますので、ごはんのおかずやお酒の肴に大活躍します。 

 調理法は、刺身やかば焼き、フライ、バター焼きなど様々ですが、最も親しまれているのが塩焼き。落語「目黒のサンマ」に象徴されるように簡単で美味しい食べ方です。

 アツアツで脂ののった身は、身離れがよく食が進みます。また、ほろ苦い内臓もまた格別ですが、胃の中にウロコを含んでいる場合が多く、折角の食味が台無しになることがあります。これは、サンマを網で漁獲する際、剥れたしまったウロコを飲み込んでしまうことが原因です。丁寧に取り除いてからお召し上がり下さい。

 栄養分は、ドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸はもちろんのこと、鉄分、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが多く含まれており、成長期のお子さんやお年寄りにはたくさん食べていただきたい秋の恵みです。

 

鹿児島市魚類市場 主査 前原一幸

 

サンマ

サンマ


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ