脂たっぷりハマフエフキ

  • 2019-08-14 (水) 9:23

今週はハマフエフキです。鹿児島県では「タバメ」、沖縄県では「タマン」、高知県などでは口の中が赤いため「口火」とも呼ばれます。

フエフキダイ科でフエダイ科とよく混同されますが、頬にうろこがなく、するどい歯もありません。

九州・沖縄を中心に生息し、釣り人にも人気です。奄美地方では水深の浅い場所でも大物が狙えます。

低脂肪、高タンパク、低カロリーで、カリウムとリンを多く含み、体の調子を整え生活習慣病を予防する効果が期待できます。黄金と青色の美しい体からとれる身は、脂たっぷりの上質な白身で非常に美味です。

刺し身やすしでいただくのがお薦めです。洋風にムニエルやハーブ焼にして、香りと味を楽しむこともできます。沖縄では「マース煮」という郷土料理で食べられます。 ぜひ、脂たっぷり旬のハマフエフキをご賞味ください。

(令和元年8月7日の南日本新聞に掲載)

鹿児島市魚類市場 主事 迫 佑樹


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ