アオダイで爽快に

  • 2019-07-03 (水) 10:24

今週は鹿児島では「ホタ」、沖縄では「シチューマチ」と、さまざまな呼び名で親しまれているアオダイを紹介します。 水深100メートル以上の岩礁に生息し、本市場には種子・屋久や奄美大島近海で一本釣りや網で取られたものが入荷します。銀色の光沢に薄い青色が入った美しい姿をしています。 火を通しても身が硬くならないため、塩焼きやフライ、ムニエルなど多彩な調理法で楽しめますが、湯引きした皮付きの刺し身もお薦めです。しょうゆとの相性はもちろん、ポン酢に大根おろしと小ネギを添えて、サッパリ頂くのも格別です。 透明感のある白身で、血合いも美しく、ほどよい弾力と上質な脂、そして癖のない上品なうま味を堪能ください。これから旬のアオダイを食べて、さっぱり、爽快に夏を過ごしてみてはいかがでしょう。

(令和元年7月3日の南日本新聞に掲載)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鹿児島市魚類市場 主任 横峯 宏明


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ