青魚の王様ゴマサバ

  • 2019-06-12 (水) 10:07

店頭でよく見かけるサバには、マサバとゴマサバがあります。今週は腹部に小さな黒い斑点がゴマのように見えることから、その名がついたゴマサバを紹介します。 鮮度を保つために、釣り上げてすぐに首を折って血抜きをした屋久島産の「首折れサバ」が有名です。刺し身はとても甘く、ぷりぷりとした食感が人気となっています。 購入する際は、身に丸みがあり、えらが鮮やかな紅色で、目が澄んでいるものがお薦めです。軽く酢で締めてもおいしく、塩焼き、みそ煮、竜田揚げなどの多彩な調理でも楽しめます。 生活習慣病予防に効果があるエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)の含有量は青魚の中でもトップクラスです。「青魚の王様」と呼ばれるほど栄養価の高いゴマサバをぜひどうぞ。

(令和元年6月12日の南日本新聞に掲載)

鹿児島市魚類市場 専門員 河野 保孝


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ