トコブシ

  • 2019-05-15 (水) 15:44

今週はトコブシを紹介します。ミミガイ科に属し、アワビに似た巻貝ですが、殻の長さは8センチ程度で小ぶりな貝です。産卵期である夏に旬をむかえます。鹿児島では「ナガラメ」とも呼ばれており、こちらの名前の方がなじみのある人も多いのではないでしょうか。
県内では資源保護のため、10月から翌年4月までは禁漁期間が設けられ、5月1日から解禁となります。
生きているものの方が断然味がよく、鮮度がよいものは、指ではじいたときに身がよく締まるとされています。
新鮮なトコブシを刺身にし、コリコリとした食感を楽しむのもお薦めです。アワビよりも軟らかく、硬くなりにくいため、みそをのせて焼く種子島の郷土料理「ナガラメの味噌焼き」をはじめ、バター炒め、天ぷらなど加熱しても絶品です。ぜひご賞味ください。
(平成31年5月15日の南日本新聞に掲載)

鹿児島市魚類市場 主任 地福 茂峰


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ