シビ

  • 2019-05-10 (金) 8:41

今週はシビを紹介します。キハダマグロの幼魚で、背びれと尻びれが黄色く、腹部には白い帯が斜めに走っているのが特徴です。
この時季は、九州近海産がたくさん鹿児島市魚類市場に入荷します。タンパク質やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。
切り身を選ぶ際は、張りがあって淡い赤色のものを選ぶと良いでしょう。刺し身で食べると脂肪分が少なく、淡白であっさりとした上品な味わいを楽しむことができます。
また、しょうゆ漬けにしたシビの刺し身を熱々のご飯に載せ、オクラや納豆とすりおろした長芋を添えて、スタミナ丼にすると疲労回復に最適です。
今日から新しい元号「令和」が始まります。シビを食べて、新たな時代の始まりを感じながら、日本のおいしい自然の恵みを堪能してみてはいかがでしょうか。
(平成31年5月1日の南日本新聞に掲載)

鹿児島市魚類市場 主査 中島 智彦


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ