メヒカリ

  • 2019-04-19 (金) 17:00

今週は、目が大きく青く光っているところから「メヒカリ」と呼ばれている深海魚です。
メヒカリは「アオメエソ」という魚で、青森から鹿児島の太平洋沿岸の広い区域に分布し、底引き網で漁獲されます。以前は、漁業資源としてあまり注目されていませんでしたが、味の良さから、近年人気が高まっています。
居酒屋などでメヒカリの唐揚げを食べたことがある人もいるのではないでしょうか。あっさりして癖のない味わい、柔らかい白身に程よく脂ののったうま味が大変おいしいです。鮮度が良ければ刺し身やすし種として、また、塩焼き、天ぷら、南蛮漬けでもおいしくいただけます。
骨が柔らかく丸ごと食べられ、カルシウムの補給にもバッチリです。お年寄りから子どもまでお薦めの新鮮でおいしいメヒカリを、ぜひご賞味ください。
(平成31年4月3日の南日本新聞に掲載)

鹿児島市魚類市場 主事 坂本 佳史 


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ