ハマグリ

  • 2019-03-04 (月) 9:58

ハマグリは2~4月が旬です。2枚の貝殻の組み合わせが二つとして同じものがないことから、夫婦円満の象徴とされています。ひな祭りや結婚式など祝いの膳に欠かせません。
購入の際は、重みがあり、固く口を閉ざし、貝同士を軽く打ち合わせたときに澄んだ音がするものを選びましょう。
料理法は、酒蒸しや焼き、炊き込みごはんと多彩ですが、お薦めは吸い物の潮汁です。貝を水に入れた状態から火にかけると、コハク酸、グルタミン酸、グリシンといったアミノ酸系のうま味成分がだしに染み出てきます。火が強すぎると身が硬くなるため注意が必要です。
鉄分をはじめカルシウム、亜鉛が豊富なので、貧血予防などの効果も期待できます。3月3日は、ひな祭り。健やかな成長と幸せを願いながら、旬のハマグリを味わってみてください。
(平成31年2月27日の南日本新聞に掲載)

鹿児島市魚類市場 主査 河野 保孝 


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ