ミル貝

  • 2019-03-04 (月) 9:56

今週は、冬から春にかけて旬を迎える大型の二枚貝、ミル貝を紹介します。
市場やすし屋ではミル貝と呼ばれていますが、本来はミルクイという名前です。長い水管の先端に海藻のミルが付き、水管が引っ込むときに貝がミルを食べているように見えることからその名前が付いたといわれています。
購入する際は、水管に触れた時に素早く反応するのを選ぶと良いでしょう。
刺し身にすると、貝らしい豊かな風味とシコシコとした歯触りが楽しめ、かむほどに甘味が広がり、大変おいしいです。タンパク質やタウリンを多く含んでおり、高血圧の改善や血中の総コレステロール値を下げる効果があります。
高級食材ではありますが、すし屋などで見かけたらぜひ旬の味覚を味わってみてください。
(平成31年2月13日の南日本新聞に掲載)

鹿児島市魚類市場 主査 横山 中 


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ