ハガツオ

  • 2018-09-15 (土) 9:15

今週はカツオに似ていて、鋭い歯を持つことが名前の由来とされる「ハガツオ」(歯鰹)です。カツオは腹側にしまがありますが、ハガツオは背側に縦じまがあり、カツオよりスマートな体型が特徴です。鹿児島は主な産地の一つで、秋から晩秋にかけて脂がのったものが入荷してきます。
身は柔らかく、上品なピンク色をしています。タンパク質の合成・代謝に必要なビタミンB6や、イミダゾールジペプチドという強力な抗酸化・抗疲労物質を含んでおり、疲労回復などに効果があります。
切り身であれば透明感のある赤いものを、丸ごとであれば目が澄んでいて体に張りがあるものを選ぶと良いでしょう。
鮮度がよく脂が乗ったものは、刺し身がお薦めです。塩焼き、煮付け、生節などでもおいしいです。産地ならではのハガツオはいかがでしょうか。
(平成30年9月12日の南日本新聞に掲載)

鹿児島市魚類市場 主査 山下 毅


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ