バショウカジキ

  • 2018-09-10 (月) 13:42

今週は、これから旬を迎える「バショウカジキ」です。秋になると鹿児島近海にやってきて、流し刺し網や定置網で漁獲されます。秋の到来を感じさせる魚として”秋太郎”の愛称で親しまれています。
バショウの葉のように見える大きな背びれや鋭く突き出た口先が印象的です。海の中を時速100kmで泳ぐと言われています。
身は脂質が少なく、骨を強くする効果のあるビタミンDが豊富です。成長期の子供やお年寄りにお薦めです。選ぶ際は、身がきれいなピンク色で、切り口の滑らかなものを選ぶと良いでしょう。
ニンニクと一緒に強火で炒めてステーキにしたり、フライや照り焼きにしたりしてもおいしいです。身の締まりがよくなるこれからの時季は、刺し身で食べると上品なうまみが楽しめます。秋の味覚をぜひご賞味ください。
(平成30年9月5日の南日本新聞に掲載)

鹿児島市魚類市場 主事 迫 佑樹


  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ