解凍後も刺身でおいしく、捨てるところのない便利な食材です。

マグロの中でも手頃な値段、でも味は負けていません!

 

ケンサキイカビンチョウマグロ

 

種 別:スズキ目サバ科マグロ属
大きさ:全長1.2m
特 徴:"胸ヒレが長く、トンボの羽のよう"
産 地:沖縄県

 

魚のプロに聞きました。

 

丸徳水産 種子田 修さん
丸徳水産
種子田 修さん

マグロの一種であるビンチョウマグロは鹿児島の市場では通称トンボと呼ばれています。トビウオのようにひれが長く、羽根を広げると見た感じがトンボのようなので言われているそうです。
身の色は透き通ったピンクで、味はくせがなく淡泊です。なのでシーチキンの原料はほとんどがこの魚です。最近ではスーパーでお刺身として売られていることが多いですが、選ぶときはツヤがあってしっとり感のあるものをどうぞ。冬場は値段も手頃で脂ものるのでおすすめです。
私がまかないで食べるのに一番好きなのがハラガワの部分の塩焼きです。絶品ですのでお店でハラガワを見かけたらぜひ試してみてください。

 

  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 魚のさばき方
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ