解凍後も刺身でおいしく、捨てるところのない便利な食材です。

鹿児島でよく獲れ、どんな食べ方でもおいしい大衆魚。

 

ゴマサバゴマサバ(首折れサバ)
種 別:スズキ目サバ科サバ属
大きさ:全長50cm
特 徴:お腹にゴマのような斑点がある
産 地:鹿児島県(種子・屋久近海)



 

魚のプロに聞きました。

 

鹿児島県漁業協同組合 連合会 市場販売部 若松辰真さん
鹿児島県漁業協同組合
連合会 市場販売部
若松辰真さん

サバの中でもお腹に点々があるのものをゴマサバと言い、鹿児島でよく獲れる種類です。漁場は種子、屋久地方、坊津、佐多岬です。中でも屋久島で水揚げされ、鮮度を保つために漁獲後すぐに首を折ったものは首折れサバと呼ばれています。
昔から手頃な魚としてよく食べられている大衆魚で、シメサバ、塩サバ、味噌煮、フライとご飯との相性が抜群のおかずとして食卓に上がってきました。またゴマサバはムシがほとんどいないことが特徴なので、刺身でも食べることができます。
新鮮ものは色鮮やかで、目が透き通っていて、持ち上げてピンとしています。

 

  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • 魚のさばき方
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ