解凍後も刺身でおいしく、捨てるところのない便利な食材です。

天然、養殖を使い分けて1年中おいしく食べられます。

 

ブリブリ
種 別:スズキ目アジ科ブリ属
大きさ:全長1m
特 徴:目に歌舞伎みたいなクマドリがある
産 地:鹿児島県



 

魚のプロに聞きました。

 

鹿児島県漁業協同組合 連合会 市場販売部 崎向清信さん
鹿児島県漁業協同組合
連合会 市場販売部
崎向清信さん

ブリは天然もの、養殖ものとありますが、鹿児島ではほとんどが養殖物です。10〜2月の旬の時期に食べるなら、やはり天然物がおいしいと思います。天然ものは「色がわり」が早いので、お刺身ならその日のうちに食べてしまう方がいいですが、口の中での脂の残り方がさっぱりしていておいしいです。養殖物は一年中安定した脂ののりで、日持ちもいいし、安心して食べてもらえる食材です。
日本各地で昔から「お歳暮」として贈られる風習があり、冬の魚のイメージが強いですが、今では市場でも毎日ないといけない魚として存在しています。
照り焼き、あら煮、カマの塩焼きなどどんな料理にも合いますね。

 

  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • いおかご通信
  • 魚のさばき方
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ