解凍後も刺身でおいしく、捨てるところのない便利な食材です。

全国的にも珍しいバショウカジキを食べる鹿児島。

 

バショウカジキ

バショウカジキ

種 別:スズキ目マカジキ科バショウカジキ属
大きさ:全長3m
特 徴:尖った鼻先と芭蕉の葉のような大きな背びれ
産 地:鹿児島県(甑島沖)



 

魚のプロに聞きました。

 

鹿児島県漁業協同組合 連合会 市場販売部 徳留 徹さん
鹿児島県漁業協同組合
連合会 市場販売部
徳留 徹さん

お盆過ぎから見かけるようになり鹿児島では「秋太郎」と呼ばれるバショウカジキですが、本格的においしくなるのは、海の水温の下がり始める9〜10月で、その時期は脂ものってお刺身として一番おいしいです。
自分たちもいろんな食べ方を試してみましたが、別の調理法としては竜田あげがおいしいなと思いました。あとヒレ肉を使うと唐揚げがとてもおいしいです。
鹿児島では秋の風物詩として昔から食べられてきたバショウカジキですが全国的に他の地域ではほとんど食べられないそうです。鹿児島には根強いファンがたくさんいるので、これからも食べ続けていかれると思います。

 

  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • 魚のさばき方
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ