解凍後も刺身でおいしく、捨てるところのない便利な食材です。

風物詩として食べたい、季節を感じる魚のひとつ。

 

アユアユ
種 別:サケ目アユ科
大きさ:全長25cm
特 徴:黄色っぽい体からスイカの匂い
産 地:宮崎県


 

魚のプロに聞きました。

 

松屋水産 松屋俊博さん
松屋水産
松屋俊博さん

日本の初夏の風物詩アユは6月から解禁になり、7〜8月の頃が一番脂がのっておいしい時期です。鮮度のいいものは「せごし」としてぶつ切りにして食べたり、内蔵はしおからにして「うるか」と呼ばれる珍味になります。鹿児島では川内川、天降川、甲突川上流で釣られることが多いです。アユは岩に着いたケイ藻類を食べているので、独特のにおい(きゅうりやスイカの様な)がして、夏のイメージと重なります。
お店で見分ける時はなるべく黄々とした色合いで、お腹がカチカチしている方がおいしいです。塩焼きや甘露煮もおいしいですが、5センチくらいの稚アユは天ぷらにして丸ごと食べると絶品ですよ。

 

  • 今日の市場情報
  • 新鮮魚ニュース
  • イチ押し!旬の魚「プロが選んだ市場ん魚」
  • 発信!スタッフの市場ブログ
  • ここで買おう!
  • ここで食べよう!
  • 魚のさばき方
  • 料理教室のご案内
  • 「イチ押し!旬の魚料理コンクール」のご案内
  • 旬の魚レシピ
  • 旬の魚カレンダー
  • リンク集

このページのトップへ